オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



Show by Apr/12/2010

[読書]4000字文学

極上掌篇小説/いしいしんじ ほか/角川書店


装丁が真っ赤なのは、作家が流す、熱き血潮を表しているのさ(※これはただの憶測です)

原稿用紙十枚(4000字)以下で纏められた超短編集です。
作家は総勢30名。

私は古川さん目当てで借りたくちです(笑)。

普段長いお話を書かれている方々が、ここまで短い作品を作るとなると、いやはややはりどこか、各々の手癖というか個性が滲み出てくるような気がします。

先述した通り、作家の数も沢山ありますから、新しい世界の発掘にも繋がるかと思うので、「これから、読書を趣味にしようかな」と考えていらっしゃる方にもオススメしておきます!



Mar.12(Fri)21:50 | Trackback(0) | Comment(0) | つぶやき | Admin


(1/1page)