オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



2008年11月を表示

恐怖の腰痛

ついになってしまった……風邪引き中にぎっくり腰。
まじ動けないし、咳をすると全身に響く痛み。
咳をする度に「う゛っぐぇ、げほぉっい゛だいぃいいい……」と無駄にひどい声が出て嫌になってきます。
整骨院行くにも月曜日まで我慢しなきゃだし…精神的に参ってしまいそうです。
痛さ故に座ることすら困難な状況でして、今も寝転がってブログ更新(っていうかメール打ち)してます。


そんなわけでキョートリアルの更新遅れます。ホントごめんなさい><



11月29日(土)22:20 | トラックバック(0) | コメント(0) | つぶやき | 管理

[メリー]冬のカスタネット

メリーの『冬のカスタネット(TypeB)』と『カッパーズ』(オノナツメさんのNYPDものマンガ)を購入しましたー。
オノナツメさんの著作といえば『さらい屋五葉』の最新刊も発売されましたね。近々それも購入すると思います。ほぼ同時発売記念のタンブラーも欲しいー。


メリーはほんま名曲ですね。タイトル曲『冬のカスタネット』は冬季限定チョコレートのCMあたりで流れたら似合いすぎて世界が嫉妬しそうな勢いですよね。
某所で「メリーっぽくない」ってコメントした人が居るみたいですが、十分メリーの音楽だと思う。だって、「チック・タック」「そして、遠い夢のまた夢」「木洩れ日が僕を探してる、、、」の系譜を踏まえているように感じるんです。共通して美しくて物悲しい感じが。

まあこれはあくまで主観的考察から来たものなので、それを言えば「メリーっぽくない」ってコメント書いた人も瞬発的な主観的考察であって、「よくよく聴いてみるとまた印象が変わってきたよ」ってなるかもしれませんよね。
あ、その方を責めてるなんていう良くない気持ちは一切ありません……
最後のサビが気持ちよすぎます。そしてふと寂しい気持ちにもなります。まさに祭りのあとの静けさのような。


c/w曲の「モンタージュ」と合わせて、あっという間の7分。でもそれだけで心がきゅんとなるんだぜ。


So-net MusicVisualにて動画コメントがアップロードされています。
http://v-rock.blog.so-net.ne.jp/2008-11-26





11月28日(金)23:23 | トラックバック(0) | コメント(0) | メリー | 管理

ユメ十夜

とまではいきませんが……。
3日前から風邪を引いてしまい、常にのどがパリパリに渇いた感じがして、咳が止まりません。
そのため深い眠りに入れないからか、記憶に残る夢をよく見ます。
そんなわけで、更新も滞っているわけだし、最近見た夢をメモしていくことにします。


*1日目
あまりにも生々しすぎて内容は詳しくは書けませんが、夢の中でも腐女子だった自分は本当にオワットル\(^o^)/


*2日目
私の部屋のコタツで誰かがみかん食べて寛いでいる。
よくよく見ると、DIR EN GREYの京と薫だった。どうやら数年前にも見た夢の続きのようだった。
あの時は私の部屋のコタツで2人がコタツムリになっていたのだが、どうやら起き上がることは出来たらしい。
以下、みかんを食べている時の2人の会話。
薫「ほら、こうやってふたつに割って剥いたら、白い筋もわりかし綺麗に取れるねんで」
京「………(言われたとおりにやってみる)ホンマや、なんでそんなん知ってるん?」
薫「昔、オカンに教わってん」
京と薫が親子っぽいスタンスなのは変わらないのね。


*3日目
夜道を歩いているとブロック塀の上で三毛猫が寝そべっている姿が目に入る。
ネコが好きな私は嬉しくなって、でも気付かれないように気配を消してブロック塀へ近付いてみた。
しかし寝そべっていたのは三毛猫ではなく、誰かの落としたスニーカーの片方だった。
赤ちゃんの靴なら、何かの拍子で落っこちる事はあるだろうけど、なぜに大人用の靴が片方だけ落ちていたのだろうか……。謎である。



11月26日(水)23:02 | トラックバック(0) | コメント(0) | つぶやき | 管理

[お笑い]コムズガーデン

地下鉄長堀鶴見緑地線の京橋駅と直通している、飲食店モール・コムズガーデンへ妹と行ってきました。
目的は、ロザンとダイアンの京橋花月PRライブを観るためです!!
1時間15分前ぐらいに会場到着。「雨降ってるし、もしかしたら一番乗りやったりしてな?」と思いながら行ってみると……上には上がいました、既に10人位お客さんが来ていました。2時間前ぐらいから来てたんかなぁ?
一番前の真ん中辺りのベンチには、おばあさん二人連れの方も居ました。そんなに年齢層広いんや、凄いなぁといろんな意味で感心していた私と妹。因みに我々は前から2列目の上手寄りのベンチに着席。正直かーなーり良い席だ。
ちなみにコムズガーデンの特設舞台はどんな感じなのかというと、よく学校の運動会などで使われるようなテントがステージ上に1つ、音響・調光卓(スタッフルーム)として脇に1つ、客席用に二つあって、楽屋となるテントはもっとしっかりした感じで中が見えないものでした。まあ中が見える見えないというより、寒さ対策でというのが大きいのかもしれませんが。実際、むちゃくちゃ寒かったですしw
時間が来るまで待って待って、開演直前ぐらいに周りを見回してみるとテント内はもちろん、その周りも人で一杯になっていました。

本編
やっとのこさ(時間通りでは有りますがw)開演。京花ガールズはEVA漫才の子となにわ突撃隊の子でした。余談ですが、私が見る京花ガールズって、この2人の組み合わせがおおいような気がします。

まずはダイアン。何処から来ましたか、と寒いですねとお客さんをいじり、沸かせる。結構LIVE STANDの帰りでついでに来ましたって人が多かったです。
特に帽子を被ったおじいさん(観客ね)とのやり取りが面白かったですw
「あ、ワシかぁ?」っておじいさん、いいキャラしてますwww
ネタは、西澤さんがモテるためにミュージシャンになりたい、だから今から即興で歌詞を作るというネタでした。
寒さのためにあまり口がまわらないようで、ところどころ「何を言ってるのかわからんわ」ってなってました(特に津田さん)。

時間が来て、お次はロザン。
ロザンも寒いですね、と何処から来られたんですかとダイアン同じ話題で始まる。
菅ちゃんは前の方に座っていた小さい女の子へ特に話しかけていました。「僕の名前知ってる?」と菅ちゃんが質問すると「うじはら」と答える女の子。
「僕クイズ番組そんなに出てませんけどォ!?ガスの修理してる方やで?」と、その子にムキになる(フリをする)菅ちゃん。
子どもの流れから、漫才へ。ネタは子育て(「お父さんが死んだら何処へ行くの?」「ピーマン食べたくない!」)と、テスト問題(3択問題のやつ)でした。
菅ちゃんが黒いボケをかますときに音響機器の性能が良くて、それでやたらとウケていたようなw
ちょっと低くて大き目の声を発した時に、スピーカーに(雨で濡れないように)覆われていたビニールが、パン!とテントを張ったような状態になったんですよ。菅ちゃん自身もそれが気に入っていたようで、わざとそうなるような喋り方をしている場面がちょこちょこありました。

あっという間に時間になって、お開きに。
16時から2回目公演もあったんですけど、また待つのは流石にツライし、買い物もしたいということで、我々姉妹はコムズガーデンをあとにしました。



そしてこのコリラックマは、ダイエー京橋店のらんらんらんど(ゲームコーナー)のUFOキャッチャーでGETしましたw200円で1回、500円で3回出来るやつなんですけど、「大きいし、ムリかなあ……」と思いながらもやってみるもんですね。トコトコ動くやつはピクリともしませんでしたけどwww
自分が持っているリラックマシリーズのぬいぐるみの中では一番大きいです。



11月24日(月)21:57 | トラックバック(0) | コメント(0) | 鑑賞 | 管理

[ラジオ]キョートリアル!コンニチ的チュートリアル

11月22日放送分の内容まとめUPしました


パソコンさん
http://www25.atwiki.jp/xfourtyx/pages/43.html


モバイルさん
http://hato-mugi.b.to/real/123


政治について2人が話している箇所はあまりにもアレだった(お察し下さい)ので、かーなーり省略させてもらった。誠にすまない。
(ヴェヴェブー!!)


……まあ、なんとなーくテレビのニュースなんかを見て、なんとなーく抱いた感想を言っただけ、とは思うんですがね。






(かきなぐり)
努力が足りないのではないかと言いますが、それは国民に対してではなく、企業に訴えかけるべき事だと思うです。
過労死の問題も元々は企業が企業を守るために正社員の雇用を大幅に減らし、低賃金でいつでも切り捨てられる日正規雇用者の枠を拡大させ、少なくなった正社員が足りない部分を補うためにサービス残業させられている。
しかもその大部分が30代、すなわち結婚適齢期と言われる年齢層の人です。
結婚や自分の時間を大切にしたくても長時間労働のために休日もろくに余暇を楽しむことなど出来ず長時間労働の割には給料がそれに全く見合わない(ワーキングプア)、そんなことでは結婚すら出来ないのは当たり前です。
故に結婚しない人が出来る、ということは少子化問題にも繋がるわけで。

政治家に必要な点は、そういうホントに苦しい思いをしている人の生活がどれだけ悲惨なのかを理解する努力であって、決して「贅沢は敵だ」というわけではありません(だって国のトップがあまりにもみすぼらしい格好をして首脳会談などに出席していたら、それこそ国の終わりだと思うし……)。
まあ下手すれば共産主義みたいになってしまうので難しいかもしれないですが、いろんな主義のいい所をうまく採用していけばいいんじゃないかなぁ、というのが理想です。なんでも結構簡単に受け入れちゃう日本人だからこそ可能性が少なくともあると思うので。



11月22日(土)23:18 | トラックバック(0) | コメント(0) | ラジオ | 管理


(1/5ページ)
>1< 2 3 4 5 最後 

恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン
地震速報機 | パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ