オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



ユメ十夜

とまではいきませんが……。
3日前から風邪を引いてしまい、常にのどがパリパリに渇いた感じがして、咳が止まりません。
そのため深い眠りに入れないからか、記憶に残る夢をよく見ます。
そんなわけで、更新も滞っているわけだし、最近見た夢をメモしていくことにします。


*1日目
あまりにも生々しすぎて内容は詳しくは書けませんが、夢の中でも腐女子だった自分は本当にオワットル\(^o^)/


*2日目
私の部屋のコタツで誰かがみかん食べて寛いでいる。
よくよく見ると、DIR EN GREYの京と薫だった。どうやら数年前にも見た夢の続きのようだった。
あの時は私の部屋のコタツで2人がコタツムリになっていたのだが、どうやら起き上がることは出来たらしい。
以下、みかんを食べている時の2人の会話。
薫「ほら、こうやってふたつに割って剥いたら、白い筋もわりかし綺麗に取れるねんで」
京「………(言われたとおりにやってみる)ホンマや、なんでそんなん知ってるん?」
薫「昔、オカンに教わってん」
京と薫が親子っぽいスタンスなのは変わらないのね。


*3日目
夜道を歩いているとブロック塀の上で三毛猫が寝そべっている姿が目に入る。
ネコが好きな私は嬉しくなって、でも気付かれないように気配を消してブロック塀へ近付いてみた。
しかし寝そべっていたのは三毛猫ではなく、誰かの落としたスニーカーの片方だった。
赤ちゃんの靴なら、何かの拍子で落っこちる事はあるだろうけど、なぜに大人用の靴が片方だけ落ちていたのだろうか……。謎である。



Nov.26(Wed)23:02 | Trackback(0) | Comment(0) | つぶやき | Admin

Comment is unavailable due to setting.
There is no comment.


(1/1page)