オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



テレビ
==Explain==
見たテレビの感想。

[テレビ]東京カワイイTV

ネロと京さんと雅が写真だけだけど、一瞬だけ登場したのに驚いたw
やっぱNHKさんはマニアックなところに力を入れられますね。
それも小ばかにしたような感じじゃなくて、ひとつのカルチャーとして取り上げてくださるのが非常に好感度高しとおもいます。
しかしエリートコースの公務員の方々が、KERA!などのファッション雑誌を読み漁っているのは違和感があって、失礼ですが笑ってしまいました。ごめんなさい。
でも若者文化を知っておくのって大事だと思いますよ。ライフスタイルから、経済的にどうだとか色々とみえてきますからね。
がんばってください。


次週はMr.一樹がパリコレデビュー、ついにステージへ!!
そしてカニエウエスト登場ですか!?
この番組面白いから春の改編でなくなったりしないで欲しいです。『英語でしゃべらナイト』も面白かったのになくなっちゃうしなぁ……NHKさん、おねがいします。
あと、語学系のNHKの番組で私が秘かに注目しているのは『テレビでイタリア語』です。出演者のイタリア男性トリオが魅力的で、ぶっちゃけ萌えですw
オノナツメさんの気持ちが分かるような気がする。



Feb.19(Thu)23:04 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ | Admin

[テレビ]NHK教育のあれが

「おかあさんといっしょ」着ぐるみキャラ9年ぶり交代

 NHKは3日、NHK教育の「おかあさんといっしょ」に登場する着ぐるみキャラクターを、3月30日から9年ぶりに一新すると発表した。

 現在、番組内の着ぐるみ人形劇「ぐ~チョコランタン」に登場しているスプー、アネム、ズズ、ジャコビらは、4月から「BSおかあさんといっしょ」に移行。

 代わって、新人形劇「モノランモノラン」が始まり、3人の小鬼ライゴー、スイリン、プゥートが登場する。

 原案は作家の畠中恵さん。夫婦のイラストレーターユニット、山根Yuriko茂樹さんが、キャラクターとセットデザインを手掛ける。

(2009年2月3日19時38分 読売新聞)




因みにいうと私は「にこにこぷん」の世代です。私より少し年上の、アラサー世代ですと「ブンブンたいむ」っていう着ぐるみ劇だったとか聞いたことがあるのですが、いかんせんまだ生れていなかったので分からないです。
そして私の妹が「にこぷん」の次にあった「どれみふぁど~なっつ」だったかな。
その後にはいだしょうこおねえさんの芸術的な絵のお陰で、違う意味で有名になってしまったスプーのいる「ぐ~チョコランタン」へ移り、今度の春からはこの着ぐるみ劇に変わるという。

それにしても名前がおしゃれすぎるぞ!これは「ぐ~チョコランタン」にも言える話かもしれないが。
ライゴーって名前、MAJIでカッコよすぎる……!!
雷神、水神、風神をイメージして作られただなんて強すぎるだーよー。
でも私はダサかろうが、じゃじゃまる・ぴっころ・ぽろりの3人が大好きです。
じゃじゃまるの苗字が「袋小路」だったとwikiで見て、コイツは要チェックだ!と思った数分前。
スーパーメリーズのネロのステージネームと被ってるw(苗字だけ)


わいわーい にこにこ・ぷん!





「にこにこ」って平仮名で打ってるとゲシュタルト崩壊しそうになった。



Feb.4(Wed)00:35 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ | Admin

[テレビ]NHKばっかり

先ほどまで、リトル・チャロのスペシャル番組と、カンゴロンゴの途中から見ていました。
リトル・チャロのスペシャル番組は、NHKがお得意の視聴者参加型の形式をとっていて、NHKの携帯サイトからアクセスすると、テレビを見ながら番組出演者と一緒に4択クイズに参加できるという仕組み。
特に私は勘違い英語のクイズが面白かったです。スキットに登場する人の演技がコミカルなのもありますが、言い間違うとこんなにも印象が変わってしまうのかとか、これは間違ったら大変だなぁと解説付きで答え合わせをするので、それが面白いんです。


で、カンゴロンゴのほうは、今回は「インターネットと悪口」というのがテーマでして……。あ、これは耳が痛いな、でも分かるなぁ、としみじみ思いながら見ておりました。
中心のストーリーも、極端な話ではありますが、ネットがきっかけで転落人生を歩んだ人も居ない事はないので、もしかしたらこれ、実話であるんじゃない?と感じる所が。
撮影禁止のラーメン屋で撮影して、同じラーメンブロガーの人に晒しageされる所なんて極端ではありますが、もしこれが、もっとひどい犯罪行為だったら、晒しageされる可能性ってむちゃくちゃ高まりますよね。
鳥取砂丘の落書き事件(HUCKの件)をなんとなく思い出しちゃったよ。

あと「得られる利益よりも失う損失のほうが大きいと感じるのは、学術的にも証明されている」って話題があがって、今の自分の実生活そのものじゃん!と。俺涙目wwww
たしかに通えば、楽して美を得られる(マイナスからのスタートだから、ゼロに向かうって感じですが)わけですが、そのために支払うお金のことを考えると絶望的で、しかもお金のことしか頭に無い人間みたいでそれもまたそれで嫌悪感を抱いて……せっかく癒してもらうのに、それでストレス溜めていたら世話ないですよね。あっはっは……。


世直しバラエティー カンゴロンゴ



Oct.20(Mon)00:15 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ | Admin

[テレビ]マンガノゲンバ

マンガノゲンバ

9月23日(火) 深夜24:20-59 [BS2] / 9月24日(水) 午後6:00-39 [BShi]


今回は読み手のゲンバが『オトメン(乙男)』です!!!!
NHKはオトメンをどういうふうに紹介するんだろう、それが楽しみで、録画予約してみますた。
HDDは母親と妹がフル活用してるので、私は相変わらずアナログ(VHS)録画です。アナログで放送される限り、それでいいんだ……それで(忍たま16期もそうだったからなぁ)。
しかし自分が録っておきたいと思う番組が、悉くNHKな件について。
民放で録りたいと思ったのは『相棒』ぐらいなんじゃなかろうか。なんという国営放送主義者……工作員じゃないですけどね。
なんというか面白いんです、地味に面白いのが一番いいんです。しらんけど。
国から制作費を貰ってさらに受信料を徴収しているという手口はいまひとつ理解できないテレビ局ではありますが、番組自体はよく出来ていて面白いのが多いから憎めない……ほんま病気やな。



Sep.23(Tue)22:31 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ | Admin

[テレビ]イチャモンつけてみる

今日は祖父母と一緒に昼食をとっていたのですが、そのときにやっていたテレビが『おもいっきりイイテレビ』で、なんかすんごく気になる点があった。
冒頭で「ネットカフェ難民に15万円の融資」のニュースについて取り上げられていたのですが、メイン司会のかの方は、「ネットカフェ難民」について、何か勘違いしてるように思えたもので。
ズバリ、「引きこもりのニート」と混同してる!!ように感じたわけです(これは番組上の演出かもしれないが)。
そのあと、街頭インタビューの映像もありましたが、「ネットカフェ難民」の定義(概要)をよく分かっていない人の意見を抜粋しているようにしか思えませんでした。
実際、「ネットカフェ難民」と呼ばれる人の実情や意見なんて丸無視です。というか報道すらされていませんでした。それは「○ズバ!」を見てね、なんていうメタ・メッセージだったのでしょうか。

とにかくテレビからの情報が一方的過ぎたよなぁ。世間についていけない年寄りの、愚痴吐きにしか見えなかったので、凄く残念に思えました。
昼の番組なんて、あれぐらいの捻じ曲げた事をしなければ数字が取れないんでしょうかね。
(個人的に、あの司会者=やらせのイメージが強いからなぁ……)




重苦しい話題になってしまったので、軽い話を。
夕方はBS日テレで『アンパンマン』を見ていたのですが、カレーパンマンの声が違いませんでしたか??
タイトルはたしか『すてきなしょくぱんまん』ってタイトルだったのですが、いつもと違って、でも聴いた事のある声……あっ!カツオくんじゃね!?と気になったんです。
とりあえずカレーパンマンについてあれこれ調べてみたよ☆彡

まずは公式から。

---------------------------------------------------
カレーパンマン

なまえ カレーパンマン
なかま ジャムおじさんがつくったせいぎのなかま。
せいかく すこしおこりっぽいけど、ゆうきがあって、とってもつよい。
しごと こまっているひとをたすける。ときどきアンパンマンをたすけることもある。
とくちょう カレーパンでできている。
とくい そらをとぶことができる。
(とくいわざ)くちからあついカレーをふきだす。カレーパンチ。

でーた
おれは可愛い女の子が好きなんだ。リンゴちゃんにハッパちゃんって言うんだ。えへへへへ・・・・・・。
おれが初めて登場するお話は、'90-No.2『アンパンマンとカレーパンマン』おれの秘密がわかるお話は、'90-No.30『アンパンマンとカレーまつり』おれのテーマ音楽もあるぜ。
『飛べ!カレーパンマン』
必ず聞いてくれよ。
---------------------------------------------------

データの1行目が、取りようによっては変質者のコメントのように読めるのは、私の心が捻じ曲がっているからですよね。そうですよね。
続いて、レポート課題などの引用には極力避けるべきですが、データの量には定評があるWikipedia。


>カレーパンマン:柳沢三千代 代役冨永みーな

んんん?おっと、2件目にして答えにたどり着けたっぽい!?冨永さんは確かに現在のカツオvoiceの声優さんです。今日聴いた声と全く同じでした。
ではでは、Wikipedia以外にも「冨永さんが代役を務めた」という記述が無いかを探してみましょう。
キーワードは[カレーパンマン 声優]で、検索ボタンをクリック。

カレーパンマンの頁

Wikiを省くと、この頁が一番上位でしたので、とりあえず見てみる。
アニメでは初登場が1988年放送の第2回目かぁ、フムフム。野球も特技なのかよ。

---------------------------------------------------
★キャスト

 柳沢三千代(アニメ版より、声優)
 冨永みーな(1999年8月13日~9月24日、アニメ版、声優代役?) ※

※ 冨永さんがカレーパンマンの声の代役をしたというのは、私の勝手な推察ですので、事実がどうかわかりません(柳沢さんじゃなかったことは確かだろう)。正しい情報を持っている方からのメールまたは掲示板の書き込みをお待ちしています。ちなみに、その間、カレーパンマンが出演した作品は、第532回Bパート『すてきなしょくぱんまん』(1999年8月13日放映、ビデオ『'00シリーズ〔4〕』収録)、第533回2パート構成『SLマンとマイマイ王国』(1999年8月20日放映、ビデオ『すくすくシリーズ〔1〕』収録)、第538回Bパート『ばいきんまんとにこにこカレーパンマン』(1999年9月24日放映、ビデオ『'00シリーズ〔6〕』収録)の3話です(たったこれだけなのに、柳沢さんが休養の間、カレーパンマン作品を避けることはできなかったのだろうか)。
---------------------------------------------------


ありました、これです。『すてきなしょくぱんまん』って記述もありますし、ページ作成者さんの推測とはありますが、放送された回も同じなので、これはかなり有力かも。
それ以外にも[カレーパンマン 代役]や[カレーパンマン 冨永]で検索してみたのですが、上記以外の記述は見つからず……。絶対的な確証は得られませんでしたが、本日見たカレーパンマンの中の人は、冨永みーなさんである可能性が高い、という結論に至りました。






Aug.26(Tue)23:38 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ | Admin


(2/20page)
Top 1 >2< 3 4 5 6 7 8 9 10 End