オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



Show by Dec/22/2007

綿の成長録@83日目

今日は近影から。
なんとかちゃんと葉っぱに育ってくれそうで一安心。



土曜日から寒さが和らぐと天気予報で言われていたので、土日に期待してます


Nov.22(Thu)23:55 | Trackback(0) | Comment(0) | 植物 | Admin

4連休1日目

4連休です
今朝は枚方ビブレが閉店してサティに生まれ変わるというニュースを聞いてちょっと驚きました23日、すなわち明日から閉店セール開始だそうです。
サティに名前が変わったら、入ってくるテナントも変わってくるのかなぁ。
できれば東大阪のイトーヨーカドーか久御山のジャスコとかみたいな感じだとありがたいんだけど(大きさが違うと思う)。

昼からは母親も祖母も出かける用事があって、祖父一人きりになってしまうから留守番しといて、と留守番を任されました。
その間は専ら読書!昨日新たに借りた本もあるので大忙しです(運動量は俄然少ないですが)

ちなみに新たに借りてきた本はこちら。

悪意の手記/中村文則
どうで死ぬ身の一踊り/西村賢太

これでやっと17冊……まだまだがんばれる。
いや、こっちの課題は楽しんで進めていけてるので良いんですよ
実質、「この課題のテーマにして良かった!」と思える本に巡り会えていますしね、何冊かは。

っていうか、ポッキー&プリッツの日から、もう11日も経過してるじゃないですか!!!
何たる過ぎる時間の速き事よ。ああなげかわしい。



Nov.22(Thu)23:46 | Trackback(0) | Comment(0) | つぶやき | Admin

[ニュース]ドラキュラ伯爵

ドラキュラの「子孫」が死去=独立宣言などで話題に-独

【ベルリン21日時事】アイルランドの作家ブラム・ストーカーが描いた吸血鬼ドラキュラのモデルとされるブラド公の「子孫」、オトマル・ロドルフェ・ブラド・ドラキュラ・プリンツ・クレツレスコ氏が17日、ドイツ東部の町で死去した。67歳だった。脳腫瘍(しゅよう)を患っていたという。ドイツ紙が21日報じた。

 同氏はブラド公と血のつながりはなく、子供がいないため家系の断絶を懸念した同公の女性子孫と1990年に養子縁組した。

 その後、独東部シェンケンドルフに広大な敷地の邸宅を購入し、献血パーティーや野外コンサートなどドラキュラにちなんだ企画を打ち出して観光客を誘致。2002年には「ドラキュラ公国」の独立を宣言するなど、たびたび話題を提供した。

 地元紙によれば、同氏には幼い息子がおり、ドラキュラの家系は続くという。 


gooニュース‐[時事通信社]


ドラキュラといえば過去にNHKの『地球ドラマチック』という番組でみたなあと思い、ログ(20060301‐オニヤンマ・旧式)を探してきました。
あ、そういえばこれ、PCサイトの[log]‐[乙]にも掲載してますね。

それにしても凄い名前だなぁ。日本でいう、高山○○之助門左衛門とかそんな感じなのかな。外国のネーミングはよくわからん。
スリジャヤ・ワルダナ・プラコッテ!!

……は、スリランカの首都ですね。



Nov.22(Thu)23:19 | Trackback(0) | Comment(0) | これはすごい | Admin

[メリー][BARKS]ツアーが始まりましたね

【Many Merry Diaries】羊たちの激白:メリーのツアー日記 霜月篇(1)東京

11月20日、SHIBUYA-AXでのライヴを皮切りに全都道府県制覇ツアー第三幕、『Many Merry Days#3』をスタートさせたメリー。そして同時に、本日からBARKSではこのようなツアー日記の連載が開始されることになった。すべての発端は、当日の開演前、リハーサルを終えたばかりのガラと筆者との、楽屋でのこんな会話にある。

ガラ:あのー、増田さんは今回のツアー、何公演ぐらい観に来てくれるんですか?
増田:ん? それってもしかして、「東京以外も観に来い」ってこと?
ガラ:いや、あの、本当は全行程に密着してもらって、『M.E.R.R.Y.』というアルバムがツアーを通じてどう成長していくことになるのか、見届けて欲しいところなんですけど。
増田:ビクターさんの経費で旅行ができるって考えれば嬉しいけども(笑)、さすがにそれは無理。でも、これだけいろんな場所をまわることになるんだし、せっかくだからツアーの間だけでも日記をつけるようにしたらいいのに。
ガラ:あ、それいいですね! でもね、僕、意外と筆不精なんですよ。
増田:ステージ上で習字はするくせに?(笑) だったらツアー先から、毎日僕宛てにメールをください。それを原稿にまとめて、毎回BARKSでアップするっていうのはどう?
ガラ:サイコーです! やりましょう。
増田:じゃあその第1回は、この会話からのスタートということで。

というわけで、レコード会社や事務所、さらにはBARKSも知らないところで勝手に浮上した連載案が、さっそく上記の会話から24時間経たないうちにこうして現実のものとなってしまったわけである。

続きはこちら


ツアー日記って、ツアー日記って……オフィシャルサイトでも一応やってんじゃん!と思ったのですが
でもま、今回#3は参加できない自分としてはメリーの様子がよくわかるので期待しております
結生くんは個人ブログにも載せてくれたりするのかなぁ…。そっちのが気になる。
メンバーの様子をバルザックさんとのカップリングツアーの時みたいに隠し撮りしちゃってほしいです(笑)。
標的は健くんばかりになりそうですが。だってなんかあの二人は常に一緒のイメージが有るので(野音DVDとかインタビューとかから察するに)。



メリーのCDはこちら



Nov.22(Thu)10:39 | Trackback(0) | Comment(0) | メリー | Admin


(1/1page)