オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



Show by Nov/2/2010

[読書]はじまり

スタートライン  始まりをめぐる19の物語/幻冬舎文庫

参加作家名
光原百合・三羽省吾・金原ひとみ・恒川光太郎
三崎亜記・中田永一・伊藤たかみ・島本理生
橋本紡・宮木あや子・柴崎友香・津村紀久子
中島たい子・朝倉かすみ・藤谷治・西加奈子
中島桃果子・万城目学・小川糸



三羽省吾さんの「1620(イチロクニーゼロ)」が個人的に一押しです。
ショートショートなので、ここであまり書いてしまうと「ほとんどやん!」となっちゃうので控えておきますが、マジレンジャーの使い方にすごく笑えました。そんな伏線がっ?みたいな(笑)
あと、宮木あや子さんの「会心幕張」のまさかの展開。これはうまいなぁと思いました。「こんな可愛い子が女の子である訳がない!」って事ですね。(あっ)

一概に『はじまり』といっても、様々なスタートのカタチがあるのだなぁと思いました。
どの作家さんも面白いので、これを読書生活のスタートに持ってくるのも良いかもしれませんね。



Oct.2(Sat)19:10 | Trackback(0) | Comment(0) | つぶやき | Admin


(1/1page)