オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



[読書]サムライ×スイーツ

ちょんまげぷりん/荒木 源/小学館文庫

改題前のタイトルは「ふしぎの国の安兵衛」だそうです。

*あらすじ
シングルマザーの遊佐ひろ子は、お侍の格好をした謎の男と遭遇する。男は180年前の江戸時代からやってきたお侍で、木島安兵衛と名乗った。
半信半疑のうちにも情が移り、ひろ子は安兵衛を家に置くことに。安兵衛も恩義を感じて、家事の手伝いなどを申し出る。その所作は見事なもので、炊事・洗濯・家事などすべて完璧。仕事で疲れて家に帰ってくるひろ子にとって、それは理想の「主夫」であることに気付く。
安兵衛は料理のレパートリーを増やし、菓子づくりに挑戦。これが評判を呼び、「ござる」口調の天才パティシエとして時の人となるが──。



男子厨房に入るべからず。といわんばかりに古臭い(というかタイムスリップしてきたのに、その表現は語弊があるな…)考え方の安兵衛が家事(特に料理)にハマっていく様子は、読んでいて楽しかったです。
安兵衛が具体的に元の世界で、どの位の地位の侍だったのかが中々出てこなかったのは、そういう理由があったんですね(“そういう理由”については本を読んで下さいw)。
オチとなる終章もキレイにまとまっていて、エンターテインメント小説としてよく楽しめました。



Mar.28(Sun)22:56 | Trackback(0) | Comment(0) | つぶやき | Admin

Comment is unavailable due to setting.
There is no comment.


(1/1page)