オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



[食玩]レトロ家電

昭和20年代のテレビなど松下電器の家電を玩具菓子に
-“超音響ステレオ”など6種類。バンダイが発売


 株式会社バンダイは、松下電器産業が昭和20年代から30年代に発売した懐かしい家電をリアルに再現したという玩具菓子「なつかしの家電コレクション~松下電器歴史館編~」を11月5日より発売する。

 白黒テレビや冷蔵庫など6種類の家電製品をミニチュア化した玩具と、解説書、ソーダ味の粒ガム1個をセットにし、価格は472円。販売目標は累計10万個を予定している。

 ミニチュアは、「白黒テレビ(昭和20~30年代の参考価格29万円)」、「電気冷蔵庫(同129,000円)」、「角形噴流式電気洗濯機(同 28,900円)」、「電気自動炊飯器(同4,500円)」、「6石トランジスタラジオ“パナペット”(同3,980円)」、「超音響ステレオ“飛鳥” (同125,000円)」の6種類。

 白黒テレビは、国産テレビの第1号で、当時ブラウン管は国内生産ができず、アメリカから輸入していた。29万円という価格は、「大卒初任給の平均が6~8,000円という時代に、サラリーマンの高嶺の花の存在だった」という。

 また、超音響ステレオ「飛鳥」は、建築の欧米化が進む時代に、「“日本間・洋間の両方にマッチする”ことを主眼に開発。家具調家電のさきがけとなった」という。

 6種類の家電は、松下電器歴史館の協力、監修により、松下電器の歴史に残る名品の中から選出。造形の細部にまでこだわると同時に、「家電リサイクルプラスチック素材」を商品の約10~15%程度で使用するなど、環境性能にも配慮しているという。

□バンダイのホームページ
http://www.bandai.co.jp/
□ニュースリリース
http://www.bandai.co.jp/releases/J2007102201.html
□松下電器歴史館のホームページ
http://panasonic.co.jp/rekishikan/

( 2007年10月22日 )

[AV Watch編集部/usuda@impress.co.jp]


こないだ、どこかのスーパーのお菓子売り場でたまたま見つけて気になったので検索してみました。
去年の11月から発売されていたんですね。全く知りませんでした。
ヴィレヴァンとかで売ってないかなぁ。こういうの、置いていそうな気もするんだけど、でもヴィレヴァンって意外とありそうな物が無かったりするしなー。
スーパーのお菓子売り場めぐりした方が見つかるのかな、こういうのって。
このレトロ具合が、すっごく、HPの素材として使えそうやなぁと思って。



Feb.24(Sun)13:31 | Trackback(0) | Comment(0) | これはすごい | Admin

Comment is unavailable due to setting.
There is no comment.


(1/1page)