オニヤンマ改変
 
音と笑いとなんじゃろね。
 



Show by May/14/2008

[テレビ]教育テレビのアニメ

無駄に気持ちがあっぷあっぷな文章になっています。というかもう叫びです。



『忍たま乱太郎』がこんなに面白いアニメだとは思っていませんでした……この十数年間、私は何を見ていたのでしょう。
とりあえず、


文次郎キター!!伊作もキター!!


六年生きたよーおっおっおっ。
文次郎はどう見ても15歳には見えません。ああいう頑固オヤジみたいなキャラは、どうしてもふけ顔になってしまう運命なんでしょうかね。顔だけじゃなく声もなんだけど。
でもま、某“ラケットとボールを用いた格闘技ギャグマンガ”でも、「どう見たって中学生には見えないよ!」っていうキャラクターが何十人も居たので、二次元のお約束なのだと思えば…何とかなるなる、ケンタッキー。

そういえば伊作の中の人は某ラケット(ryの主人公が所属する中学の部長なんですよね。どっちも15歳のキャラクターなのに、伊作はむちゃくちゃ爽やかですな!
否、これが本来15歳の少年らしさなんでしょうね。『乱太郎』は時代設定が室町時代なので、15歳と言えばもう大人の部類なのかもしれませんが。

(大人の都合上、彼ら六年生が卒業する事はないと思いますが)もし卒業して、それぞれプロの忍者になったら……戦で敵同士になっちゃったりすることもあるのかな。
そう考えると忍者っていうのは儚い職業ですね。


明日は用具委員の委員長・食満留三郎の初登場回です。
声はどんな方が演じられるのかなー。
Wikipediaで知ったのですが、『乱太郎』のキャストは物凄く豪華ですね……。声優にそこまで詳しくない自分でも「あ、あの人か!!」という発見がいっぱい。
事務員の小松田くんはとりっぴいなんですね。


  



Apr.14(Mon)22:46 | Trackback(0) | Comment(0) | テレビ | Admin


(1/1page)